• Take

【前編】English for work, work towards Life〜私の人生を変えた英語学習〜



「もしも英語が出来るようになったら?」

英語学習をされている皆さんも、英語を使って様々なやりたいこと・成し遂げたいことがあると思います。


「外国人の友達を沢山作る」や「洋楽や洋画を字幕音声なしで深く理解できるようになりたい」であったり、人によって英語学習の目的は千差万別でしょう。


その中でも、「英語を使って仕事をする」ことを目指している英語学習者の人も多いのではないでしょうか?


今回のONE WAYインタビュー記事では、現在フリーランス(個人事業主)として広報・ライター (日&英)、翻訳業務やSNSコンサルティングなど、多岐にわたって活躍されている稲福 加奈さん(以下Kanaさん)にお話を伺いました。


今は英語を使ってお仕事をされていても「高校卒業時は全く英語が話せなかった」というKanaさんの英語学習歴や、オススメの学習方法、そしてフリーランスとしての活動などに迫ります...!



★Kanaさんプロフィール★



■ Name:稲福 加奈

■ 所属:フリーランス

■ 座右の銘 :約束は小さく。結果は大きく。

■ Hobby:ブログ。ジャックラッセルテリアのフィンと川や海、山にいく。

     沖縄のトレンド情報探し。

■ SNS:TwitterInstagramnote



フリーランスとして


TakeーーKanaさん、本日はお忙しい中インタビュー取材を引きうけていただき、誠にありがとうございます。

早速ですがKanaさんのお仕事に関して、読者の方に向けて簡単に自己紹介をしていただけますか? Kanaーーこちらこそ、よろしくお願いします。

私は現在25歳でフリーランスとして働いています。生まれは沖縄南城市で育ちも沖縄です。 お仕事は、基本的には沖縄県内と東京の2拠点を軸に、メインとしてライティング(日本語&英語)であったり企業のSNSの運営コンサル、沖縄に来る外国人観光客向けのメディア(@_okibabe)の運営を行っています。 あとは2023年に沖縄でバスケットボールのFIBAワールドカップが開催されるので大会の認知拡大のための広報的なお手伝いも行っています。他には...

ーーちょっと待ってください(笑)予想外に沢山出てきて、頭が全然追いついていないです(笑)

Kanaさん&Take:(笑) ーーその他でいうとオリジナルのアパレルショップ運営も行っています。 先月までは企業の広報として働いていて、これまでは前に出るお仕事が多かったので今はライティングなど企画に関わるお仕事をしながら、徐々に比重を変えていこうと思っています。

ーーなるほど。ちょっともう一度整理させてくださいね(笑)まとめると、今はメインでいくつのお仕事をされているんですか?

ーー(指を数えながら)1.2…あ、忘れてました!翻訳のお仕事もやっています。なので合計で5つのお仕事をやっていますね。 お仕事の種類によっては手伝ってくれるチームメンバーと一緒に共同で行う形です。

ーー5つの異なるお仕事をされているんですね...すごい...!それだけ多いと、比重バランスを調整するのは大変ではないですか?

ーーそうですね。やはり自分でその部分はスケジューリングやプロジェクトの進行を自分で管理しなければいけないので大変です。(笑) あとはお仕事以外にも自分のお休みの時間管理とかも難しいですけど、最近は段々と慣れてきました。

ーーなるほど。最近自分もこのONE WAYを立ち上げてからは本業と両立しながら、休みの日でも働いています。ただ特にフリーランスとして働くとなると、オンとオフの切り替えは大変ではないですか?

ーーまだまだフリーランスという形態が発展途上の中で、私も以前は会社に雇用される形で「何時間働いて、この日は休みで...」という勤怠管理が軸になっていていたのですが、やはり一番大事なのは「成果」だと思うんですね。

だから私個人的には1日5時間だけ働いて、その代わり完全な休みは無しで。という働き方のほうが合っていると気づきましたね。


ただ経理関係のお仕事は面倒で、正直苦手です(笑)

フリーランスになろうと思ったキッカケとは?

(新卒時代のKanaさん) ーーそもそもなぜ、Kanaさんはフリーランスになろうと思ったんですか?

ーー実はもともと前職のお仕事(広報)をする前も、東京でフリーランスとして働いていました。だからフリーランス→会社員(広報)→フリーランスと戻った形になりますね。

新卒では人材会社で営業としてテレアポや飛び込みをしていましたが、その反動で「自分が本当に良いと思ったものしか売れない」と思うようになりました。


それが今のフリーランスとしてのお仕事を目指すキッカケになりましたね。

人材会社を退職してからは、元々ライティングなど書物系が好きだったので業務委託(フリーランス)としての活動を始めた。という経緯になります。

ーーなるほど。そんなキッカケがあったんですね。

先程、メインとして英語関係のお仕事(①ライター ②翻訳)としてのお仕事をしていると仰っていましたが、まずはそれまでの経緯、Kanaさんのこれまでの英語学習について伺いしたいと思います。

Kanaさんは過去に留学はされていたんですか?

ーー大学生の時に、交換留学でアメリカのコロラド大学に1年間行っていました。中高と英語は勉強していて好きだったけれど、特に「英語」というものに強い気持ちはありませんでした。

大学も外大だったのですが、第一志望の大学に落ちたからそこに行った。という経緯になりました。

ーーなるほど。大学に行ってから本格的に英語を勉強したんですね。

ーーはい。ただ大学に行く前は英語なんて全く話せなかったんです。中学・高校の時も成績は平均より少し上ぐらいでしたね。

そんな中で大学でのクラス分けで帰国子女がたくさんいるクラスに振り分けられ「やばい!」という危機感から英語学習を本格的に始めました。

また外大でテストを幾つか受けて合格すれば、交換留学に行くことが出来たのでそれを目標に。という意味でも必死に勉強しました。

次回〜英語学習者必見のオススメ学習方法とは?〜

現在フリーランスとしてライターや日英翻訳のお仕事などをこなすKanaさん。


これらの仕事を得る基礎としての「英語力」は、どういった学習方法で身につけたのでしょうか?

そして、Kanaさんの将来のビジョンなどについては次回後編にてお伝えします!



45回の閲覧

ONE WAY

  • Twitter

©2020 by 英語コーチング
ONE WAY