• Take

”Be confident, Be you.”〜カナダでの留学・就職で得たものは?〜【前編】


「日本を離れ、異国で働く”海外就職”」



現在、英語学習をされている皆さんも、英語を使って成し遂げたい目的や目標があると思います。


中でも海外で英語を使いながら外国人と働く「海外就職」を夢見る英語学習者も多いのではないでしょうか?


今回のONE WAYインタビュー記事では、実際にカナダ・バンクーバーの語学学校にてカウンセラー兼マーケターとして勤務されているShioriさんにお話を伺いました。


Shioriさんの英語学習の過程から、現地カナダでの海外就職までの経緯やその魅力に迫ります。そして世界で働くことを選択したShioriさんのインタビューを掲載することにより、日常の“当たり前”だけにとらわれない、多種多様な働き方・生き方を知るキッカケになればと思います。


★Shioriさんプロフィール★

■ Name:Shiori

■ Affiliation(所属):語学学校カウンセラー

■ 座右の銘 :Be confident, Be you.

■ Hobby:動画撮影・編集、カフェ巡りなど

■ SNS:InstagramYoutube


Beyond the border〜日本からカナダへ〜



Take---Shioriさん、日本とカナダとの時差がある中で(16時間)インタビュー取材を引き受けていただき、誠にありがとうございます。早速ですがShioriさんのカナダでのお仕事に関して、簡単に自己紹介をいただけますでしょうか?

Shiori---よろしくお願いします!


私は現在、カナダ・バンクーバーにある語学学校にてカウンセラー兼マーケターのお仕事をしています。カウンセラーとしては、学校に来た日本留学生に対して初日のオリエンテーションを行ったり、現地での生活や英語学習についての悩み事を聞いたりしています。マーケターとしては国内外の留学エージェントさんに対して、私が所属している語学学校の魅力や資料の共有、各種MTGなどを行っています。 Take---ありがとうございます!Shioriさんはカナダに来てから2年半が経つと仰っていましたが、ご自身の海外就職までの経緯をお伺いしてもよろしいでしょうか?

Shiori---はい。元々は私が現在住んでいるカナダ・バンクーバーにワーキングホリデーとして渡航したのが始まりです。その前は日本の病院にて医療事務のお仕事をしており、特にお仕事中に英語を使う機会はなく、医療関係のお仕事を毎日こなすといった日々を送っていました。


病院にて医療事務のお仕事をしていたので、元々海外に行ってみたいなという憧れは中学生の時からあった中、数年働いた後、海外への渡航を決意しました。


現地へは前述の通り、ワーキングホリデービザで渡航したのですが、初めの3ヶ月間を語学学校にて英語を勉強した後にスターバックスでアルバイトをしました。そして元々通っていた語学学校でフルタイムワーカー(正社員)として海外就職した形になります。



Take---なるほど。元々Shioriさんは愛媛県出身とのことですが、地方で社会人として働き、退職して海外に渡航するとなった時に周囲の反対などはありましたか?

Shiori---そうですね。当時は地元愛媛の実家で暮らしていた中で、周囲はあまり賛成ではありませんでした。「危ないよ」とか「本当に生きていけるの?」など、恐らく私自身のことを心配して言ってくれていたと思います。実際に私も「英語話せたらかっこいいな」「海外で暮らしたいな」といった漠然とした気持ちだったのは事実でした。


ただ、当時AK-EnglishのAkaneさんの動画を見ていて、自分とあまり年齢が変わらない若い女性がカナダに一人で行きお仕事をしている姿を見て「私もいけるかも!」と背中を押されこのチャンスを逃すまいと渡航を決意しました。 >>Shioriさんが影響を受けたAK-EnglishのYoutube動画はコチラ!

Take---Youtube動画がShioriさんのカナダ渡航の大きなキッカケになるとは、面白いですね。「歴史にifはない」と言われますが、仮にAK-EnglishのAkaneさんの動画に出会っていなければご自身の海外渡航はどうなっていたと思いますか? Shiori---元々海外に行きたいという願望はあったので、近かれ遅かれ行っていたと思います。でももしかしたら、行ってなかった可能性もゼロではないですね....!

Take---もし行っていなかったとしたら、今頃日本で何をしていると思いますか? Shiori---想像もできないです(笑)恐怖すぎて(笑) Shiori&Take:(笑) Shiori---決して日本が嫌という訳ではないのですが、カナダに来てから英語力はもちろん、色んな経験をして人間的に大きく成長することができました。


日本にそのまま滞在していたとしたら、それはそれで安定したお仕事や、結婚などをして家庭を築くなど幸せだったと思います。でも昔から海外に行きたいという夢が会った中で、自分が30代、40代になって「あの時行けば良かった」と後悔することは絶対に避けたかったんです。そう考えると色んなリスクや不安もありましたが、本当にカナダに来て良かったなと思います。

Feel the difference〜日本とカナダの違い〜

Take---紆余曲折を経て念願のカナダ渡航が叶ったわけですが、そもそもShioriさんは何故カナダという国を渡航先として選んだのでしょうか?

Shiori---もともと、自然豊かで人々が親切、英語のアクセントも綺麗と聞いていたので国はカナダにしようと初めから思っていました。ただその中で「バンクーバー」という都市を選んだ理由としては、AK-EnglishのAkaneさんがカナダ・バンクーバーに行っていたから。という理由は大きいですね。 Take---なるほどです。渡航してから現在まで2年半が経つ訳ですが、留学当初から現在働く中でカルチャーショックなどはありましたか?

Shiori---そうですね...「教育」の部分では大きな違いを感じました。私がカナダに渡航した当初は現地のホストファミリーの家でホームステイをしていたのですが「子供の教育」という観点で向こうでは子供を一人の人間・個人として尊重し、接している場面を間近で見たときは大きな価値観・文化の違いを感じました。


カナダの中高生を見ていても、選挙など政治に興味があり個人としての意見を持つ人が多かったです。私が学生の時は政治とは?選挙とは?といった風に、あまり関心がなかったので、一段と現地の中高生が大人びて見えましたね。決してどちらが良い・悪いといったことは無いのですが、日本との違いとしては大きなカルチャーショックでした。

Take---僕は滋賀県という地方出身で生まれてから高校卒業まで育ってきたのですが、政治的な関心を持つ同級生はもちろん、海外留学に興味をもち渡航する人も少なかった気がします。これも地方の情報格差なのでしょうか...。

Shiori---そうですね。特にTakeさんは留学エージェントとして現場で働かれているからこそご存知かと思いますが、地方にはもっと留学に行きたくてもても行けない人が沢山いるからこそ、その背中を押してあげたい人が沢山います...! Take---現在、現地カナダでお仕事をされているShioriさんですが、仕事面での違いはいかがでしょうか?

Shiori---わかりやすい部分で言うと「有給休暇が取りやすい」とか「残業が少ないとか」いわゆる皆さんが持たれている海外就職のイメージ通りです。またこれは職種にもよりますが、私が現在働いている語学学校のオフィスでは好きな音楽がかかっていたりしてリラックスした環境で働けています。


また仕事・人生観という観点で、仕事とプライベートにおけるウェイトを比較したときに、家庭や生活などの「プライベート+αで仕事をする」という考え方を持った人が多い気がします。「明日、重要な家の用事が入ったから休む。」とか「少し体調が悪いから今日は家から仕事する。」など働く上での"フレキシブルさ"も海外ならではの働き方と感じますね。


Take---職場での人間関係はいかがですか? Shiori---カナダという国が元々移民国家で、カナダ人だけどバックグラウンドはブラジルなどの南米という人や、日本や韓国などのアジアにルーツを持つ人が多いです。だからこそお互いのバックグラウンドを理解した上で互いの文化的背景や考え方を尊重したり、何よりフレンドリーな人が多いので、とても働きやすい環境です。


少し話がずれるかもしれませんが、根本的に私は「英語を使って仕事をする」ことが楽しいので、私と同じような人は海外という日本とは異なる環境でも、お仕事を楽しめると思います。



Take---僕も将来的に海外で働きたいと憧れを持っているので凄く興味深いお話です...!Shioriさんは日本でも社会人経験がある中で、海外より日本の働き方のほうが良い部分はありますか?

Shiori---ありますね。人にとって得意・不得意がある中で捉え方にもよりますが、こちらでは実力・成果主義であり、主体的に動き、積極的に意見を言うことが常に求められます。働き方改革が叫ばれる現代の日本ですが、まだ依然トップダウンでタスクを任せる企業や上司も多いと思います。ただ、真面目で勤勉な日本人の国民性という観点で言えばトップダウン式の働き方のほうがやりやすいと感じる人が多いのではないでしょうか?



次回後編〜海外就職に向いている人や必要な英語力とは?〜

日本から遠く離れたカナダで働くShioriさん。


現地でお仕事をする上での基礎である「海外で働く上で必要な英語力」はどれぐらいのレベルなのでしょうか?またShioriさんの考える海外で働くのに向いている人やご自身の将来のビジョンなどについては、後編にてお伝えします!

>>インタビュー後編はこちら 【interviewee・Profile】 Shiori(語学学校日本人カウンセラー・メディアライター)

日本で医療事務として4年間の会社勤務後、長年持ち続けた海外留学の夢を実現するため2018年渡加。バンクーバーで1年間のワーホリ中に、語学学校から仕事のオファーを受け、2020年現在日本人カウンセラーとして働きながらバンクーバーライフを満喫中。

【Interviewer・Profile】


Take (英語コーチングONE WAY代表)

滋賀県生まれ。大学4年次に休学しオーストラリアに留学・ワーキングホリデー渡航。帰国後はフィリピン留学・語学学校スタッフや留学エージェントで留学カウンセラーとして勤務。20年9月からは自身の英語学習や語学学校スタッフの経験を活かし「全ての英語学習者に、手頃な英語コーチングを」をコンセプトに月額¥10,000〜の格安英語コーチングサービスを提供するONE WAYを設立。趣味は英語学習、サッカー観戦、釣り。



==============================


英語コーチングONE WAYでは、英語コーチングサービスを業界では格安の¥10,000〜/月で提供しています。このサービスには目的・目標設定のコーチングセッションや各種マンツーマンレッスン(発音・文法・英会話)、学習カリキュラム作成などが含まれます。


留学前の事前英語学習として、手軽な価格で英語コーチングを受講し、TOEICや英語力を上げたい人は、是非一度オンライン説明会にてお話しましょう!


※現在は第4・5期:6ヶ月TOEIC600点コース(2021年8月〜2022年3月)受講生を各期3名限定で募集中です。(残り5名 ※6/22日現在)


>>ONE WAY英語コーチングサービス概要・料金はこちら!


>>ONE WAY英語コーチングオンライン説明会はコチラ!


==============================



--End--


0件のコメント