• Take

国内にいながら「話せる」英語力を。すぐに出来る英語アウトプット方法3選!

最終更新: 7月30日


みなさんこんにちは。Takeです。 コロナウィルス感染症による緊急事態宣言、外出自粛要請が出て以来、自宅で過ごす時間が増えた人が大半ではないでしょうか? その機会を通して、自宅で英語学習に励む人も多いと思います。 しかし同時に、

「日本や自宅に居ながら英語を話す機会が欲しい!」 「インプット学習(文法・英単語)ばかりでモチベ管理が難しい、、」 「留学やワーホリから帰国して英語を話す機会が極端に落ちた、、、」 こんな悩みを持っている人も少なくないのではないでしょうか? 今回の記事では、そんな人たちに向けて、「国内や自宅でも出来るアウトプット方法」として以下の3つを方法を紹介します!



1.英語で独り言( ¥0 /月)


英語の独り言は、当然ですが英語で話すという事を意味します。 お金もかかりませんし、自分のペースでアウトプットの練習が出来るのでオススメです。 話す内容は、はじめは短く簡単なもので構いません。 (ex.I went shopping todayなど..)

僕も散歩してる時や、シャワー浴びている時には必ずといっていいほど独り言英語を話してますw

この「英語独り言学習法」は、話す相手が居ないので失敗を気にせず自由にアウトプットできる点ですごくオススメです。 騙されたと思って試してください!



2.オンライン英会話 (¥3,000〜5,000/月)


英語の独り言になれてきて物足りなくなってきたら、オンライン英会話をお勧めします。 「お金に余裕があって、ひとりでモチベーションが保てない人」には英会話スクールもお勧めだけど、基本的にはオンライン英会話のメリットの方が大きいです。

オンライン英会話と聞くと、《DMM英会話》や《レアジョブ英会話》など複数のサービスがありますが、社会人の方など、時間があまりとれず、質を重視したい人は圧倒的に《DMM英会話》がオススメです。 オススメする点としては、他のオンライン英会話サービスよりも圧倒的にテキスト教材が豊富な点です。





旅行や発音、文法などレベル・シチュエーション・対策したい試験(TOEICやTOEFLなど)別にテキスト教材を選んでレッスンを受講できるのは魅力的ですね。

僕自身も5月のIELTS試験に向けてIELTSスピーキングコースを毎日25分受講しています...!


日本にいながら気軽に英語を話す、スピーキングの機会が得られるのは嬉しいですね。

DMM英会話公式HPはコチラ



3.英会話サークル・英会話クラブ(¥500/回)


今はコロナの影響でどこも閉まっていますが(オンラインサービスはあります)東京や大阪などの大都市には数多くの英会話サークルが存在しますので、参加してみるのもお勧めです。

有名どころだと、「ワンコイン英会話」「東京英会話倶楽部」が全国各地の会場で開催しています。

やはりオンラインでは味わうことのできない、オフラインでの一対一の会話を磨きたい!という人にはオススメですね。

まとめ

今回のnoteでは、「国内や自宅でも出来るアウトプット方法」として以下の3つを紹介しました。

—————————————— 1、英語で独り言 2、オンライン英会話 3、英会話サークル・英会話クラブ —————————————— 予定していたワーホリ・留学が新型コロナウィルスの影響で延期または中止になってしまった皆さんや、将来的に留学やワーホリ、海外就職を検討している人たち。

今が《英語学習のチャンス》です。

渡航前にどれだけ事前学習(英単語や文法やスピーキング)を積み上げられるかが成功の大きなカギなので、この機会に頑張りましょう!

--End--


18回の閲覧

ONE WAY

  • Twitter

©2020 by 英語コーチング
ONE WAY